JX-ENEOSバスケットボールクリニック

Webクリニック

当社が行っている、コーチ・指導者向けのWebクリニックです。
第16回:「選手とコーチの良い関係」 コーチングクリニックTOPへ戻る
今回はチームを作る時の選手とコーチの関係について考えてみたいと思います。
最近は余り見かけなくなったのですが、以前、中学や高校の公式戦を観戦していると、試合中ベンチからこんな声が聞こえることがよくありました。

「馬鹿野郎!おーい!余計なことをやるな!お前は俺の言うとおりやってれば良いんだ!」

というような声です。これを聞くと私には、「お前はダメな選手なんだから、何も考えず言われたとおりやっていれば良いんだ!」というように聞こえてしまいます。

日頃から勝たせるために一生懸命指導をされていることを考えれば、この叱咤は理解できない訳ではありません。ただ私は、選手に考える力と正しい判断力を付けて欲しいと考えているのです。

【トランザクショナル・アナリシス】
私は専門ではないのですが、心理学に「トランザクショナル・アナリシス」(交流分析)という手法があります。 これは心理学的分析システムだそうです。良くテレビ番組で人と人がどういう関係なのか、ということを心理学者の先生が出てきて分析している場面をみますが、その手法です。


縦軸はコーチを示したもの、横軸は選手を示したものですから、コーチからみて、
I am OK →自己肯定、I am not OK →自己否定
You are OK →他者(選手)肯定、You are not OK →他者(選手)否定
となります。

冒頭のコーチの叱咤は上図のDの象限を意味しているように感じる訳です。つまり、コーチと選手の関係が、「お前はダメな選手なんだから、コーチの言うとおりにプレーしていろ」(他者否定・自己肯定)という関係に陥り易いのです。
この象限にいる選手は、長い間この関係が続いていくと、自ら「私はダメな選手なんだから、コーチから叱られてないとダメななんだ」と思うようになって行くそうです。
その結果、何も考えることが出来なくなって、言われたとおりにしか出来なくなっていきます。(選手から見て、自己否定・他者肯定)
又、両者がBやCの象限にいたとすれば、チームとしての活動そのものが成り立たないような状態が考えられます。いわば「俺らダメだね〜」と言っているようなものです。

【互いにOK!な関係】
互いに向上心を持ってOKな関係で!
理想的な選手とコーチの関係は、上図のAの象限にいることだそうです。つまり、選手の考えることを尊重して認め、自分も向上心を持って指導に当る。ということです。
選手一人一人の個性が集まってチームを形成していきます。その時、選手の考える力を引き出し、その力が一つになった時、本当に「良いチーム」になるのではないでしょうか。

チームでは「私」「私の」、という言葉はありません。「我々」、「我々の」、「我々が」ということです。選手もコーチもチームという共通の集団の中で、互いに考えながら、共通の目標を持って、お互いに認めながら、OKな関係を築いて欲しいと思います。
では又次回、お会いしましょう。



高木 彰氏プロフィール
高木 彰氏
1949年 1月22日生まれ 東京都出身
1971年 日本鉱業株式会社(現:JXTGエネルギー) 入社
1978年 現役引退後 同社バスケットボール部アシスタントコーチ 就任
1979年 日本大学バスケットボール部ヘッドコーチ就任
(全日本学生バスケットボール選手権大会  3回優勝
 関東男子学生バスケットボールリーグ戦  3回優勝
 関東男子学生バスケットボール選手権大会 2回優勝)
1986年 日本鉱業(現JXTGエネルギー)バスケットボール部
ヘッドコーチ 就任
(全日本総合バスケットボール選手権  2回優勝)
1994〜
1998年
ジャパンエナジー(現JXTGエネルギー)男女バスケットボール部 総監督 就任
1998〜
2003年
バスケットボール女子日本リーグ機構 理事・広報部長
2003年〜 日本文化出版(株)月刊バスケットボール技術顧問
2004〜
2008年
実業団男子バスケットボール ヘッドコーチ
2009年〜 JBAエンデバーWG委員
PAGE TOP