第84回皇后杯 決勝 vs デンソー

第84回皇后杯 決勝
1月7日(日) 11:00~ さいたまスーパーアリーナ
  • BOX SCORE
JX-ENEOS  
84 15
25
22
22
STARTING MEMBER
#0 吉田
#10 渡嘉敷
#11 岡本
#21 大崎
#52 宮澤
  デンソー
16
13
12
21
62
STARTING MEMBER
#8 高田
#12 赤穂さ
#15 稲井
#23 篠原
#88 赤穂ひ

個人得点

#0
吉田
#3
山田
#7
#10
渡嘉敷
#11
岡本
#21
大崎
#23
大沼
#25
石原
#29
中村
#32
宮崎
#33
梅沢
#52
宮澤
10 4 1 17 6 16 5 0 0 4 2 19
全員で戦い掴んだ5連覇
思い出されるのは5年前の皇后杯決勝戦。その時の相手はトヨタ自動車だったが、5連覇を目前に大差で敗れた。
もう一度掴んだ5連覇への挑戦。一試合通して走るバスケットを展開し、今度こそチームの歴史に新たな1ページを。
皇后杯決勝戦JX-ENEOS対デンソーTIP-OFF!
  1. 1st Quarter #10渡嘉敷の最初のシュートは入らず、決勝の先制点を決めたのはデンソー。#52宮澤が試合開始からアクセル全開でファウルを貰うプレーをしかけ、獲得したフリースローを2本とも決めるも、立て続けにデンソー#8高田に得点され開始3分、2-8とリードを許す。
    流れの悪いOFFを打開する#11岡本のドライブが決まる。DEFにも良い流れを呼び込みスティールやDEFリバウンドから得点に繋げ、残り5分を切ったところで#0吉田の3点プレーで逆転するも、この試合まだ一度もシュートを外していない高田にミドルショットを2本連続で決められふたたび逆転される。JX-ENEOSの3PTSは未だゼロ。
    終了間際、#21大崎がシュートを決め15-16と1点差に迫り2Qへ。
  2. 2nd Quarter スターティングメンバーでDEFから始まる2Q。
    最初のOFFは両チームともにシュートが外れる。シュートミスとターンオーバーからデンソーに点を取られ、開始2分を待たず15-20とリードを広げられる。次のOFFもパスミスでデンソーボールとなり、たまらずJX-ENEOSがタイムアウト。この際大崎に代え岡本をコートに戻し宮澤を4番にコンバート。
    再開後、吉田の2PTS・宮澤のローポストでの1on1・吉田の3PTSと畳みかけ、一気に22-20と逆転。対するデンソーも高田を中心にOFFを組み立て内外バランス良く攻めてくる。
    JX-ENEOSは1Qには0本だった3PTSを3本沈めるなど、大崎を下げスモールラインナップにしたことで流れを変え逆転に成功。40-29と11点差をつけて後半へ。
  3. 3rd Quarter 後半も勢いを落とさず勝利を確実なものにしたい。
    大崎のフリースローや岡本のスティールから渡嘉敷に繋げ得点するも、この試合高確率でシュートを決めている高田のミドルショットが決まる。
    前半でデンソーのOFFをアジャストし、後半は相手の思い通りにプレーをさせないDEFを展開。OFFでは渡嘉敷と大崎のツインタワーを中心に攻め得点を伸ばす。
    失点はあるもののそれよりも多く得点し、62-41とさらに点差を広げ最終Qへ。
  4. 4th Quarter 最終Qの先制点はサンフラワーズ。
    ここまで0点に抑えていたデンソーのルーキー#88赤穂ひにドライブを許し初得点を献上するも、岡本がすぐさま取り返す。宮澤も3点プレーで続き点差を26点に広げ、残り7分30秒あたりでJX-ENEOSがタイムアウト。吉田・岡本・宮澤に代え#7林・#23大沼・#32宮崎がコートへ。
    再開早々に宮崎が大崎へのシュートをアシスト。その後も互いに点を取り合い残り5分を切ったところで大崎を下げ#25石原がコートに。デンソーのOFFはミスが続く。残り3分30秒、JX-ENEOSが2回目のタイムアウト。
    渡嘉敷を下げ#33梅沢がコートに入り5人全員がベンチメンバーとなる。デンソーのOFFは4番と5番を中心にファウルをもらうようなプレーを仕掛け、JX-ENEOSのDEFは相手の思うつぼとなってしまい、残り2分30秒の間に4回フリースローを献上。
    失点が多くなるも短い時間の中で#3山田・梅沢も得点を決め84-62でデンソーを下し、5連覇達成。22回目の優勝を成し遂げた。

決勝 vs デンソー

決勝 vs デンソー

決勝 vs デンソー

決勝 vs デンソー

決勝 vs デンソー

文:藤田マネージャー
※氏名の漢字表記においては便宜上JIS規格の文字コードを使用しております。

ページの先頭に戻る