第89回都市対抗野球大会 西関東予選

開催日・試合会場

開催日
ブロック決定トーナメント:2018年5月19日(土)〜2日間
代表決定リーグ戦:2018年5月25日(金)〜3日間
代表決定トーナメント:2018年6月1日(金)〜3日間
球場
横浜スタジアム
予備日
ブロック決定トーナメント:2017年5月21日(月)
代表決定リーグ戦:2017年5月28日(月)
代表決定トーナメント:2017年6月4日(月)
試合時間
ブロック決定トーナメント:(3試合日)9:00/11:30/14:00
代表決定リーグ戦:5月25日18:00/26日・27日15:00
代表決定トーナメント:6月1日18:00/2日・3日15:00

【西関東予選概要】

  • 企業3、クラブ6(神奈川4、山梨2)の9チームで行う。
  • ①企業1チーム、クラブ2チームの3ブロックに分け、トーナメント方式で各ブロックの1位チームを決定。
    ブロックは①企業1位、神奈川2位、4位、②企業2位、山梨1位、神奈川3位、③企業3位、神奈川1位、山梨2位とする。
  • ②3ブロックの1位チームによる代表決定リーグ戦においては、勝率で第1代表、第2代表を決定する。
  • ③代表決定リーグ戦で3チームが1勝1敗で並び代表が決まらない場合は、代表決定トーナメントを行い第1代表、第2代表を決定する。
    この場合の組合せ順位決定方法は、代表決定リーグ戦の得失点率差の大きい順とする。

①ブロック決定トーナメント

平成30年5月19日(土)〜2日間 予備日:5月21日(月)

組み合わせ

(3 試合日)9:00 11:30 14:00

ブロック決定トーナメント

②代表決定リーグ戦

平成30年5月25日(金)〜3日間 予備日:5月28日(月)

代表決定リーグ戦勝敗表

代表決定リーグ戦
Aブロック1位
東芝
Bブロック1位
MHPS
Cブロック1位
JX-ENEOS
Aブロック1位
東芝
 
○ 4-2
○ 5-2
Bブロック1位
MHPS
● 2-4
 
○ 13-4
Cブロック1位
JX-ENEOS
● 2-5
● 4-13
 

第1代表:東芝(10年連続40回目)

第2代表:三菱日立パワーシステムズ(3年連続10回目)

最高殊勲選手賞:松本幸一郎(東芝)

優秀選手賞:河野凌太(三菱日立パワーシステムズ)

敢闘賞:山﨑錬(JX-ENEOS)

首位打者賞:八戸勝登(三菱日立パワーシステムズ)
        14打席14打数10安打 打率.714

最優秀投手賞:岡野祐一郎(東芝)

最優秀応援団賞:東芝

優秀応援団賞:三菱日立パワーシステムズ、JX-ENEOS

試合結果

2018年5月27日(日) 15:00〜18:24横浜スタジアム

代表決定リーグ第2戦
1
2
3
4
5
6
7
8
9
TOTAL
三菱日立パワーシステムズ
6
0
1
2
2
0
2
0
0
13
JX-ENEOS
3
0
1
0
0
0
0
0
0
4

2018年5月26日(土) 15:00〜17:54横浜スタジアム

代表決定リーグ第1戦
1
2
3
4
5
6
7
8
9
TOTAL
東芝
0
1
0
2
2
0
0
0
0
5
JX-ENEOS
1
0
0
1
0
0
0
0
0
2

2018年5月20日(日) 14:04〜16:01横浜スタジアム

ブロック決定トーナメント戦
1
2
3
4
5
6
7
8
9
TOTAL
山梨球友クラブ
0
0
0
0
0
0
0
 
 
0
JX-ENEOS
4
0
3
0
1
1
 
 
10

※大会規定により7回コールドゲーム

ページの先頭に戻る