JX-ENEOSバスケットボールクリニック

バスケットボールクリニックのレポート

当社が行っているクリニックのレポートページです。

1Day クリニックコース -2017年度開催-

一覧へ戻る

 集合写真

■ 日付
2017年10月29日(日)
■ 場所
新魚目総合体育館
■ 参加人数

小学生

男子 47名
女子 46名
合計 93名

◆コーチ名
大山・原田・長南・小池
◆実施内容
  1. ウォーミングアップ
  2. ハンドリング、コーディネーション
  3. パスドリル
  4. 2人組
  5. キャッチして走りながらパス(6〜7人組)
  6. ストレッチ
◆実施風景

ボールハンドリングボールハンドリング

ドリブルじゃんけんドリブルじゃんけん

あっち向いてホイ!あっち向いてホイ!

ドリブルしながら動きますドリブルしながら動きます

パスパス

シュートシュート

シュート実践シュート実践

お礼の言葉をいただきましたお礼の言葉をいただきました

■ コーチの感想

  • 大山コーチのコメント

    本日、離島でのクリニック開催となりました。上五島石油備蓄のある五島へと足を運びました。島でのクリニックは、久しぶりでした。小学生1年生から6年生まで94名の選手たちが集まってくれました。元気なあいさつからスタートしたクリニックは、基礎を中心にバスケットに大切な部分をメニューに入れて進めました。普段の練習で意識しながら練習することで、さらにステップアップしていける要素がたくさんあると思います。まだまだ、伸びしろのある選手たちだけに、これからも、頑張ってくださいね。

  • 原田コーチのコメント

    子ども達の大きく元気なあいさつからクリニックが始まり、バスケットに取り組む姿勢もしっかりしていてとても指導しやすかったと思います。パスを担当させていただきました。基本のパスメニューは簡単だったと思いますが、ディフェンスがいたり実践的になってくると簡単なパスがなかなか正確にできなくなってくることがあります。日頃の練習から正確なパスができるようにしておくことが大切です。それには、常にキャッチをする準備をして、しっかりキャッチし正確なパスを出せるように心がけていきましょう! キャッチをしてからの素早いパスや足を使いながらのパス、走りながらパスをすることはディフェンスを戸惑わせノーマークを作ったり1対1で抜きやすいチャンスを作ったりできます! また、いいパスからいいプレーが生まれます。そのためにもボールを受ける人のいいキャッチにつながってシュート、ドリブル、パスと次のプレーがスムーズにできるパスを意識してこれからの練習にも取り組んで頑張っていってください! 皆さんの今後の成長がすごく楽しみに感じられるクリニックでした!!

  • 長南コーチのコメント

    長崎県の上五島に行ってきました。台風が接近していることもあって風がとても強い日でしたが、子どもたちは小学1年生から6年生まで、最初から大きな声であいさつをしてとても元気に参加してくれました。ファンダメンタルを中心に、ハンドリング・ドリブル・パス・シュートのポイントをしっかり聞いて表現しようとしてくれた姿がとても嬉しかったです。これからも元気いっぱい頑張ってくださいね!

  • 小池コーチのコメント

    新上五島町にやってまいりました。今回のテーマはバスケットボールの上達に必要な基本動作、を中心に行いました。小学生のうちはまず、ボールを思い通りに使えるようになることを中心に練習してくださいね。それができるようになれば、シュート、ドリブル、パス、いろいろがスムーズになってくると思います。がんばってください。

PAGE TOP