JX-ENEOSバスケットボールクリニック

バスケットボールクリニックのレポート

当社が行っているクリニックのレポートページです。

1Day クリニックコース -2017年度開催-

一覧へ戻る

 集合写真

■ 日付
2018年3月4日(日)
■ 場所
和木町体育館
■ 参加人数

小学生

男子 5名
女子 67名
合計 72名

◆コーチ名
長南・山口・田辺・参河・小池
◆実施内容
  1. ダイナミックストレッチ
  2. アジリティ
  3. ボールハンドリング→ボール摘み、キャッチ、回し、リバウンド
  4. コーディネーション
  5. フルコートドリブル
  6. ドリブルレイアップシュート(ハーフコート)
  7. オールコート追いかけ1対1
◆実施風景

ウォーミングアップウォーミングアップ

ボールを高い位置でキャッチボールを高い位置でキャッチ

足の間を転がします足の間を転がします

2ballドリブル2ballドリブル

片方は転がしましょう片方は転がしましょう

スピードドリブルスピードドリブル

レイアップ練習レイアップ練習

レイアップ練習レイアップ練習

左手でもできるようにしましょう左手でもできるようにしましょう

1on11on1

ディフェンスをみて攻撃しますディフェンスをみて攻撃します

■ コーチの感想

  • 長南コーチのコメント

    山口県に行ってきました。約80名の小学生が参加してくれました。ハンドリングやドリブルを中心に積極的に取り組んでくれました。毎日継続して練習すれば絶対にできるようになるので毎日頑張って練習してくださいね!

  • 山口コーチのコメント

    山口県の子供たちに会ってきました。昨年、参加してくれた子もいました。1年経つと顔つきが変わってくるものですね。今日は、身体の動かし方、ボールハンドリング、ドリブルなど、いろいろなことにチャレンジをした2時間でしたね。初めはできなくても「やってみよう!」の気持ちで取り組むことが大切です。練習や試合の中で「できた!」がたくさん出てくるといいですね。ドリブルでは、前に進んだり、止まったり、下がったりといろいろな状況が出てきます。どんな状況にも対応できるように、前を見ながら、強くドリブルをつけるようになるといいですね。これからも、バスケットボールを楽しく、元気にプレイしてくださいね。ありがとうございました。

  • 田辺コーチのコメント

    久々クリニック参加のるいです。クリニックスタート時には、緊張なのかかたさも見られましたが、クリニックを進めていくうちに声も出るようになり、笑顔も見られるようになりました。山口コーチとのハンドリング対決では、失敗してもすぐまた挑戦する姿や負けてくやしがる姿も。コーチのアドバイスを受けるとすぐ意識して取り組む姿勢はとても印象的でした。練習量には限りがありますが、練習の質はどれだけでも高めることができます。意識して取り組むことで、質はどんどん上がると思いますので、クリニックで学んだことを意識してこれからも練習頑張ってください。

  • 参河コーチのコメント

    最初はどんなことをするのかな? と不安そうに緊張していた選手たちでしたが、いざ練習が始まると、とても積極的に取り組んでくれました。いつもやっているドリブル練習から、普段あまりやらない下がる(引く)ドリブルなど、少し難しい技なども入れていきましたが、できなくても諦めないで一生懸命やってくれていました。最初から上手くできる選手はいません。毎日の繰り返しの練習を大切に、そしてできたときの喜びを感じられるよう頑張ってくださいね。そしてコート周りで見てらっしゃったコーチの方々も、一緒になってやってみながら理解しようとされてるところは嬉しく思いました。これからも、選手とコーチ力を合わせて頑張ってくださいね。

  • 小池コーチのコメント

    山口県玖珂郡にやってまいりました。今日のテーマは一対一。一対一を強くするために必要なスキルをいろいろな形で行いました。小学生のうちは、ボールの扱い方が上手になること、自分の体を自分で使いこなせるようになることが大事になってきます。毎日の練習で繰り返し行うことで上達していきます。これからもがんばってください。

PAGE TOP