JX-ENEOSバスケットボールクリニック

バスケットボールクリニックのレポート

当社が行っているクリニックのレポートページです。

1Day クリニックコース -2017年度開催-

一覧へ戻る

 集合写真

■ 日付
2017年10月7日(土)
■ 場所
大和市立渋谷中学校体育館
■ 参加人数

小学生

男子 13名
女子 14名
合計 27名

中学生

男子 11名
女子 28名
合計 39名

◆コーチ名
大山・原田・長南・小池
◆実施内容
  1. ウォーミングアップ 2人組鬼ごっこ
  2. ボールを使ってストレッチ
  3. ボールハンドリング、ドリブルワーク
  4. ミートシュート(ゴール下、真ん中、フリースローライン30本イン)
  5. シュート指導アドバイス⇒ミートシュート30本イン

後半分かれて
【中学生メニュー】

  1. 基本姿勢から反応スタート
  2. 1on1ボール保持した状態
  3. 2on2両ウィングにて
  4. ストレッチ
◆実施風景

ボールハンドリングボールハンドリング

ドリブルハンドリングドリブルハンドリング

ドリブルハンドリングドリブルハンドリング

ゴール下シュートゴール下シュート

ディフェンスの説明ディフェンスの説明

正しい距離で守ろう正しい距離で守ろう

1on11on1

ディフェンス実践ディフェンス実践

■ コーチの感想

  • 大山コーチのコメント

    本日、TRINITY BASKETBALL SCHOOLにお邪魔してクリニックが行われました。小学生、中学生合同でのクリニックです。普段からも一緒に行っている中で、前半は一緒に行い、後半はそれぞれ分かれ、課題に沿った内容で進めました。中学生、小学生とそれぞれのコーチのもと、しっかりと取り組んでくれました。クリニックの中でも、ちょっとした意識の持ち方で、変化が見られました。これからも、練習を積み重ねて、さらにレベルアップしていけるように頑張ってください。

  • 原田コーチのコメント

    小学生の担当をさせていただきました。ディフェンスについて行いましたが、短い時間でどんどん激しく守れるようになっていったと思います! 今回伝えたディフェンスの構え、足の運び方のポイント、大きな声を出すこと、強い気持ちなど忘れずに日々の練習に取り組んでいってほしいなと思います。ディフェンスは声を出すこと、そして「絶対に守ってやる!」という強い気持ちがとても大切です! 気持ちが出てくると激しいディフェンス、ねばり強く最後まであきらめないディフェンスにもつながってきます。いつも強い気持ちを持って、オフェンスがいやがるようなディフェンスができるよう頑張っていってくださいね! メインコーチの大山コーチから、いつもの練習も試合の時と同じように取り組んでいくことの大切さについて話がありました! 試合に活かせる練習を常に心がけていきましょう! 頑張ってください!

  • 長南コーチのコメント

    神奈川県大和市のスクールに行ってきました。夜の開催でしたが、たくさんの小学生・中学生が参加してくれました。中学生は1対1、2対2の攻めるポイントを中心に、小学生はマンツーマンディフェンス【ボールマンディフェンスに対して】を行いました。短い時間でしたが、積極的に声を出して頑張ってくれました。ポイントを常に意識して、練習してくださいね。

  • 小池コーチのコメント

    神奈川県大和市にやってまいりました。今回は各カテゴリに分かれ小学生はディフェンス、中学生はオフェンスの練習を行いました。小学生の大きい声が体育館に響いていました。声を出すこともディフェンスの技術です。練習を重ねてください。中学生は、多くの女子選手が苦手としている足の使い方や間合いの取り方を中心に進められました。一つの動きにとどまらずさまざまな動作をスムーズにできるようになるともっとレベルアップできますね! これからも練習をかさねてください。

PAGE TOP