レギュラーシーズン第3戦 vs 新潟

第19回Wリーグ レギュラーシーズン第3戦
10月14日(土) 18:00~ 小千谷市総合体育館
  • BOX SCORE
JX-ENEOS  
114 30
27
36
21
STARTING MEMBER
#0 吉田
#10 渡嘉敷
#11 岡本
#21 大崎
#52 宮澤
  新潟
10
19
14
14
57
STARTING MEMBER
#0 梅木
#10 大濱
#11 井上
#16 山澤
#31 小暮

個人得点

#0
吉田
#3
山田
#7
#10
渡嘉敷
#11
岡本
#21
大崎
#23
大沼
#25
石原
#32
宮崎
#33
梅沢
#52
宮澤
0 8 8 8 18 12 5 9 7 16 23
終始アップテンポなバスケットボールを披露し今季初の100点ゲームで快勝!
今週は新潟県小千谷市にて新潟アルビレックスBBラビッツとの2連戦。
宮崎の妹、安奈選手(新潟#23)がWリーグデビューし、早くも姉妹対決となった。
新潟カラーに彩られた体育館にて、序盤からJX-ENEOSペースを掴めるか?
JX-ENEOS対新潟、第1戦TIP-OFF!
  1. 1st Quarter スタートダッシュを決めたいJX-ENEOSは、高さで勝るフォーワード#52宮澤がミスマッチを狙いポストプレーからファウルを得てフリースローで先制。DEFでは相手のフォーメーションをコミュニケーションの良くとれたチームDEFで阻止し簡単には得点を許さず、DEFリバウンドも全員で奪取。#10渡嘉敷のゴール下での連続得点・#11岡本の3PTSと内外バランス良く加点し5:00には16-4と狙い通りのスタートダッシュで流れを掴む。
    その後も攻撃の手を緩めることなく、インサイドを重点的にDEFする新潟に対し、岡本・宮澤が3PTSを沈め相手に的を絞らせないOFFを展開。
    終盤、交代で入った#7林・#33梅沢もフリースローで加点し30-10、20点リードで1Q終了。
  2. 2nd Quarter ベンチメンバー主体のセカンドユニットで臨む2Qをスピードスター#32宮崎が牽引。
    高速ドライブインでバスケットカウントを奪うと、その後もトランジションの速いOFFに持ち込みDEFのずれを作り、林の3PTS・梅沢のポストプレー等それぞれの強みを引きだすOFFを展開し8:00には39-15。
    中盤、スタメンに戻したJX-ENEOSは好調岡本の3PTSや速攻、インサイド#21大崎が貫録のあるポストプレーで得点を重ね、57-29さらにリードを広げ前半終了。
  3. 3rd Quarter 開始早々、宮澤の2連続3PTSが炸裂。
    守っては相手のターンオーバーを誘うアグレッシブなチームDEFで新潟の反撃を許さず、#0吉田がライン際のルーズボールをヘッドスライディングでものにするビックプレーをみせ会場を沸かせる。
    6:15、大崎がバスケットカウントとなるパワープレーをねじ込み76-34としたところでセカンドユニットがコートイン。スタメンから引き継いだ流れをそのままに#23大沼・林・#3山田の3PTSがリングに吸い込まれ、インサイドでは梅沢がパワーを活かして得点。
    このQだけで36点をあげる得点力をみせ93-43、50点の大量リードで最終Qへ。
  4. 4th Quarter 最後までJX-ENEOSペースで試合を進めたい最終Q。
    立ち上がり、新潟ルーキー#25根来に1on1から得点を許すが、すぐに#25石原が3PTS・ドライブインと多彩な得点力で応戦。JX-ENEOSはボールと人が良く動いたOFFを展開することでDEFのずれを作ることに成功し、ノーマークのアウトサイドショットや、インサイド梅沢の高さとパワーを活かしたゴール下で得点を重ねる。
    アグレッシブなDEFも最後まで緩めることなく守り切り最終スコア114-57、ダブルスコアの大勝で開幕3連勝を飾った。

レギュラーシーズン第3戦 vs 新潟

レギュラーシーズン第3戦 vs 新潟

レギュラーシーズン第3戦 vs 新潟

レギュラーシーズン第3戦 vs 新潟

※氏名の漢字表記においては便宜上JIS規格の文字コードを使用しております。

ページの先頭に戻る