レギュラーシーズン第5戦 vs 日立ハイテク

第19回Wリーグ レギュラーシーズン第5戦
10月21日(土) 14:00~ タクミアリーナ(大館市樹海体育館)
  • BOX SCORE
JX-ENEOS  
102 19
23
31
29
STARTING MEMBER
#0 吉田
#10 渡嘉敷
#11 岡本
#21 大崎
#52 宮澤
  日立ハイテク
9
12
11
8
40
STARTING MEMBER
#7 八木
#9 鈴木
#13 鶴見
#15 石黒
#22 松本

個人得点

#0
吉田
#3
山田
#7
#10
渡嘉敷
#11
岡本
#21
大崎
#23
大沼
#25
石原
#32
宮崎
#33
梅沢
#52
宮澤
2 10 10 11 11 2 13 10 3 14 16
後半で60点をあげる得点力をみせ3試合連続の100点ゲームで快勝
今週は佐藤HCと小松マネージャーの地元秋田県にて日立ハイテクとの2連戦。
アグレッシブなDEFからアップテンポなOFFに持ち込むJX-ENEOSらしいバスケットボールを大館市の皆さんにお見せしたい。
JX-ENEOS対日立ハイテク第1戦TIP-OFF!
  1. 1st Quarter 立ち上がりJX-ENEOSのインサイドを重点的に守る日立HTに対し、#52宮澤・#11岡本の3PTS・#0吉田のジャンプショットとアウトサイド陣が対応し6:00には10-0と上々の滑り出しをみせる。DEFでは日立HTシューター陣の高確率な3PTSを抑えるべくアウトサイドへしっかりとプレッシャーをかけて楽にシュートを打たせずDEFからリズムを掴むことに成功。
    終盤、ベンチメンバーがコートインしたあとも堅い守りを継続し失点を1桁にとどめ19-9で1Q終了。
  2. 2nd Quarter シュートの調子が良い宮澤が3PTSを決めて先制。このQも堅いチームDEFを継続し、DEFリバウンドから#10渡嘉敷が先頭を切って走りゴール下で得点をあげ7:20、24-11。
    その後2分間互いに守り合い膠着状態となるが、好調宮澤が3本目となる3PTSを決め点が動くと、交代で入った#23大沼・#25石原の3PTSも立て続けに決まり、終了間際の#3山田のジャンプショットで42-21とリードを大きく広げ後半へ。
  3. 3rd Quarter JX-ENEOSの勢いは止まらず、後半開始早々に宮澤がバスケットカウントとなるゴール下のプレーをねじ込みチームを勢いづかせると、そこから岡本・宮澤・岡本・#7林の4連続3PTSが決まり6:25、59-21と怒涛の3PTSラッシュでリードをさらに広げる。
    思い切りの良いOFFはベンチメンバーにも継承され、スクリーンを上手く使ったプレーから大沼が2本の3PTSを決めると、梅沢も2本のゴール下をきっちり決めて得点を重ね、3Qで31得点を叩き出し73-32で最終Qへ。
  4. 4th Quarter 最後まで気を引き締めて戦いたい最終Q。ベンチメンバー主体で戦う立ち上がり、梅沢がOFFリバウンドに飛び込みセカンドチャンスで得点を挙げると、アグレッシブなDEFで相手のミスを誘い奪ったボールを山田の速攻に繋げ着実に得点を重ねる。
    アウトサイド陣のシュートも冴えわたり林・石原・山田の3PTSがリングに吸い込まれ3:50には91-36。
    終了のブザーが鳴るまで攻め続けたJX-ENEOSは、その後も#32宮崎のバスケットカウントや梅沢のポストプレーで加点し最終スコア102-40、3試合連続の100点ゲームで開幕5連勝目を飾った。

レギュラーシーズン第5戦 vs 日立ハイテク

レギュラーシーズン第5戦 vs 日立ハイテク

レギュラーシーズン第5戦 vs 日立ハイテク

レギュラーシーズン第5戦 vs 日立ハイテク

※氏名の漢字表記においては便宜上JIS規格の文字コードを使用しております。

ページの先頭に戻る