レギュラーシーズン第6戦 vs 日立ハイテク

第19回Wリーグ レギュラーシーズン第6戦
10月22日(日) 14:00~ タクミアリーナ(大館市樹海体育館)
  • BOX SCORE
JX-ENEOS  
86 28
23
22
13
STARTING MEMBER
#0 吉田
#10 渡嘉敷
#11 岡本
#21 大崎
#52 宮澤
  日立ハイテク
9
11
10
15
45
STARTING MEMBER
#7 八木
#9 鈴木
#13 鶴見
#15 石黒
#22 松本

個人得点

#0
吉田
#3
山田
#7
#10
渡嘉敷
#11
岡本
#21
大崎
#23
大沼
#25
石原
#32
宮崎
#33
梅沢
#52
宮澤
4 0 5 14 5 14 3 9 6 13 13
失点を45に抑え、開幕6連勝
開幕ゲームでシャンソンに勝ち勢いのある日立ハイテク。
1戦目はJX-ENEOSのバスケットボールを終始展開し100点ゲームで勝利したが、油断大敵。相手を勢いに乗せず2戦目も主導権を握りたい。
JX-ENEOS対日立ハイテク第2戦TIP-OFF!
  1. 1st Quarter JX-ENEOSボールからスタート。
    #21大崎のリバウンドショットから先制、その後は#11岡本の3PTSと続く。日立HTの思い通りにさせないようDEFでミスを誘うも、1戦目よりも多くドライブをしかけられ序盤からフリースローを与えてしまう。
    序盤、大崎のファウルが2つとなったところで#33梅沢を投入。開始5分まで点差を離せずにいたが、ファーストブレイクでの得点、日立HTのチームファウル超過によるフリースローでの加点で徐々に相手を突き離していく。メンバーを入れ替えてもOFFの勢いは止まらず28-9とスタートダッシュに成功し1Q終了。
  2. 2nd Quarter 日立HT#9鈴木のバスカンから始まる。DEFはフルコートプレスをしかけ、日立HTのミスを誘いマイボールに。チャンスを潰さずしっかりと得点。その後もフルコートでプレッシャーをかけるが、マッチアップの遅れで2連続失点。日立HTの鈴木を中心に攻められ梅沢のファウルが増える。
    徐々に差を縮められるも、#25石原の3PTSが効率良く決まり点差を保ったまま進む。残り4分30秒、スターティングメンバーをコートに戻し、#10渡嘉敷のドライブ・大崎のインサイドで加点。OFF・DEFリバウンドともに主導権を握りOFFの回数を増やしていく。2Qの失点を11に抑え51-20で前半を折り返す。
  3. 3rd Quarter お互いミスから始まる3Q。大崎・渡嘉敷と続けてフリースローを2本貰うもどちらも1本ずつしか決めきれず。ファーストブレイクから#0吉田→渡嘉敷のホットラインで得点。33点差をつけたところで日立HTのタイムアウト。
    再開後もOFFの手は緩まず、#52宮澤から#7林へ3PTSのアシスト。日立HTのミスが続きそのチャンスを逃さず得点へ繋げ42点差。DEFリバウンドが取れず我慢の時間が続くもOFFではセカンドチャンスをしっかりと決め73-30で3Q終了。
  4. 4th Quarter 最終Q。JX-ENEOSのシュートミスから日立HTのファーストブレイクになるも石原のシュートブロックで阻止。梅沢のファウルが3つとなり弱い部分を責められ、#13鶴見のドライブに対しまたファウル。個人ファウルが4つ目となる。#32宮崎のスピードのあるドライブで日立HTのDEFを振り切り、合わせのプレー・単独ドライブと立て続けに決まる。
    後半互いにポロポロミスが出始め、プレーのスピードも落ち得点がストップするも、悪い流れを梅沢のリバウンドショットで断ち切り4Qは日立HTと互角の勝負をし86-45で勝利した。

レギュラーシーズン第6戦 vs 日立ハイテク

レギュラーシーズン第6戦 vs 日立ハイテク

レギュラーシーズン第6戦 vs 日立ハイテク

レギュラーシーズン第6戦 vs 日立ハイテク

※氏名の漢字表記においては便宜上JIS規格の文字コードを使用しております。

ページの先頭に戻る