レギュラーシーズン第10戦 vs アイシンAW

第19回Wリーグ レギュラーシーズン第10戦
11月5日(日) 15:00~ 高松市総合体育館
  • BOX SCORE
JX-ENEOS  
86 24
16
29
17
STARTING MEMBER
#0 吉田
#10 渡嘉敷
#11 岡本
#21 大崎
#52 宮澤
  アイシンAW
12
14
14
23
63
STARTING MEMBER
#2 遠藤
#11 近平
#15 濱口
#18 宮下
#31 高原

個人得点

#0
吉田
#3
山田
#7
#10
渡嘉敷
#11
岡本
#21
大崎
#23
大沼
#25
石原
#29
中村
#32
宮崎
#33
梅沢
#52
宮澤
0 5 0 17 10 14 2 4 4 5 13 12
開幕10連勝もJX-ENEOSのバスケットボールを展開できず反省点の多い試合展開に
若く速さのあるアイシンAWに対し1on1で相手のOFFを封じることができるか。
JX-ENEOS対アイシンAW第2戦TIP-OFF!
  1. 1st Quarter JX-ENEOSボールでスタート。#10渡嘉敷のエンドワン・フリースローも決める。とにかく1on1が多いアイシンAWのOFFに対し、シュートチェックまで厳しくDEFしシュートミスを誘う。
    JX-ENEOSのOFFは第1戦に続きアウトサイドシュートが入らないが、#21大崎のリバウンドからセカンドチャンスへ繋ぎ得点していく。JX-ENEOSのドライブやリバウンドショットに対し相手のファウルがかさみ、フリースローの機会は増えるが確率は上がらず。
    アイシンAWのシュートミスをものにできず、セカンドチャンスを与えてしまい失点が増え24-12で1Q終了。
  2. 2nd Quarter スターティングメンバーに戻したJX-ENEOS。
    一発目のアイシンAWのピック&ロールのプレーで失点するも、絶妙なパス回しから#52宮澤の3PTSが決まり、OFF・DEFともにチームが勢いづく。アイシンAWのミスが続きそのチャンスの逃さず点数を伸ばし5分を過ぎた時点でこのQのスコアは12-4。その後はイージーシュートミスが目立ち始め、ターンオーバーも出てきたところでJX-ENEOS前半1回目のタイムアウト。
    再開後も#32宮崎のドライブなど良いプレーもあるがターンオーバーの数が勝り失点が増えていく。残り5分を切ってからの失点が増え、2Q最後のOFFも24秒オーバータイムとなり40-26で前半終了。
  3. 3rd Quarter アイシンAWのシュートミスから#0吉田の速いドライブで速攻に持ち込みDEFを引きつけ渡嘉敷にアシスト。アイシンAW#2遠藤に3PTSを決められるも#11岡本がお返し。大崎の飛び込みOFFリバウンドから岡本が再び3PTSを決める。アイシンAW#3奥原にドライブを決められるもインバウンドを早くし、相手がDEFの準備をする前に前を走る岡本へ吉田がロングパスを出し追加点。開始4分で点の取り合いに。
    チームファウルが超過しアイシンAWにフリースローでの失点が増える。1回でシュートを決めきることができずにいるも、#33梅沢がOFFリバウンドからしっかりと得点。69-40で3Q終了。
  4. 4th Quarter アイシンAWボールからスタート。アイシンAW#31高原のドライブに対しファウルで止める。アイシンAW#18宮下・#27江良・高原と高卒ルーキー3人に次々と得点を許してしまう。OFFの流れが良くない中、#3山田の3PTSが決まりチームを勢いづけたいところだが失点を止めることができない。5分経過し9-14。
    個人プレーでの得点はあるもののチームOFFの流れから得点を生み出せず、DEFのコミュニケーションも最後まで上手くいかず時間が過ぎ86-63で勝利。
    試合には勝ったが後味の悪い試合内容になってしまった。

レギュラーシーズン第10戦 vs アイシンAW

レギュラーシーズン第10戦 vs アイシンAW

レギュラーシーズン第10戦 vs アイシンAW

レギュラーシーズン第10戦 vs アイシンAW

※氏名の漢字表記においては便宜上JIS規格の文字コードを使用しております。

ページの先頭に戻る